RPA

アプリの切り替えは1日に1100回--非効果的なソフトや非効率なプロセスが下げる生産性

Pegasystemsのレポートによると、労働者は仕事に必要なアプリケーションを1日に1100回以上切り替えて使っているという。

 Pegasystemsがこのほど発表したレポートによると、非効果的なソフトウェアや非効率なプロセスが多くの労働者の生産性に影響を与えているという。同レポートでは、運用サポート担当者のデスクトップ上での実作業を約500万時間にわたって調査。平均的な従業員の場合、仕事に必要なアプリケーション35個を1100回以上1日に切り替えて使っていることがわかった。

 プレスリリースによると、この調査で分析対象となった運用サポート担当者は、主要な作業を迅速化するよう設計された構造化アプリケーションを使用し、不要なタイピングやスクロールは行っていなかったという。それでも、連携がとれていないアプリケーションのあまりの多さは圧倒的で、エラーの増加、不十分な処理、そして、すべて自動化できそうな不要な作業という結果を生んでいるとリリースは指摘している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約769文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]