クラウドサービス

FAQ:アマゾンのArmベースプロセッサ「AWS Graviton」--その重要性と市場への影響

アマゾンは独自のArmベースプロセッサ「AWS Graviton」を発表した。このサーバプロセッサがパブリッククラウド市場に与える影響、インテルやAMDのプロセッサとの違い、有効活用が見込める用途などについて解説する。

 パブリッククラウドソリューション大手のAmazon Web Services(AWS)は、Armアーキテクチャベースのサーバプロセッサ「AWS Graviton」を独自に開発するという前例のない動きに出た。顧客はこのArmベースサーバを「Amazon Elastic Compute Cloud」(EC2)の仮想マシンインスタンスで利用できる。

 AWS Gravitonは、Amazonの長年の取り組みから生まれた第1世代の製品だ。Amazonは2015年に半導体開発企業Annapurna Labsを買収している。両社が以前に共同で開発していたカスタムチップは、EC2のオーケストレーションタスクをサーバCPUから外部チップにオフロードして、メインCPUがAWS顧客のコンピューティングタスクに集中できるようにするものだった。

 本記事では、IntelやAMDのプロセッサとArmプロセッサの違い、AWS Gravitonとモバイル端末に搭載されている同様のプロセッサの違い、Amazonの動きがパブリッククラウド市場やオンプレミス市場に及ぼす影響、EC2におけるArmサーバのビジネス利用の可能性について、包括的に解説する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5470文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]