クラウドサービス

「G Suite」の「Google Classroom」--企業での利用時に管理者が考慮すべき設定

グーグルは2018年11月下旬、G Suiteの全てのユーザーに「Google Classroom」の提供を開始した。ここでは、Classroomを企業内で利用可能にする際にどのように設定を調整したらよいかを解説する。

 Googleは2018年11月下旬、G Suiteの全てのユーザーに「Google Classroom」の提供を開始した。これまで、Classroomは「Education」「Enterprise for Education」「Nonprofit」エディションを使用する組織に対して、コアサービスとして提供されていた。今回、G Suiteの「Basic」「Business」「Enterprise」エディションを使用するユーザーもGoogle Classroomを追加サービスとして利用できるようになった。コアサービスと追加サービスの条件は異なる。コアサービスはG Suite契約の対象になるが、追加サービスには異なる条件が適用される。

 学習および専門的能力開発分野の人々は、Google Classroomを便利だと思うかもしれない。このシステムは、情報やさまざまな活動を通して人々を指導する、構造化された方法を作り出すからだ。Google Classroomでは、教える側はコンテンツの共有、プロジェクトの割り当てと採点ができるほか、授業の参加者とコミュニケーションをとることもできる。例えば、教師は質問(記述式問題や選択式問題など)を作成して、回答の点数を決定し、期限を設定することが可能だ。生徒が課題を提出した後、教師は回答を採点して返すことができる。多くのG Suiteアプリと同様、教師と生徒はウェブブラウザ、または「Android」や「iOS」アプリでClassroomにアクセスできる。構造化された公開トレーニングを提供している組織の人たちも、Google Classroomへのアクセスに価値を見いだすかもしれない。

 管理者はG Suiteの設定を調整して、クラスを教えられる人やクラスにアクセスできる人を管理することができる。設定を最も厳しくすると、承認された教師のみが組織内の人のためにクラスを作成できるGoogle Classroom設定になる。設定を最も開放的なものにすると、組織内の誰でもクラスを作成可能で、組織外の人もそのクラスに参加できるようになる。

 Basic、Business、またはEnterpriseエディションを使用する組織のG Suite管理者は、以下の4つの設定を見直すといい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1712文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]