CMS シックス・アパート

Lekumo:3000種類のデザインを作成できるビジネス向けブログサービス

ブログサービス「Lekumo」は、スマートフォンにも対応したビジネス用途のブログを簡単に立ち上げられる。さまざまなテーマとレイアウトを組み合わせることで簡単に3000種類以上のデザインを作成できる。

Lekumoのポイント

  • スマートフォンの画面を簡単に編集でき、CSSなど高度な設定の変更も可能
  • 検索エンジンやSNS対策として記事の概要も記述
  • 独自ドメインでは自社で用意した証明書を設定すれば常時SSL化

Lekumoの製品解説

 シックス・アパートの「Lekumo」は、スマートフォンやフューチャーフォンに対応したビジネス用途のブログを簡単に立ち上げられるサービス。代表的なレイアウトを網羅しており、シンプルなデザインのテーマと組み合わせれば、すぐにニーズにあったビジネスブログを構築できる。

編集部おすすめの関連記事

 デザインに関する知識がなくても、さまざまなテーマとレイアウトを組み合わせることで簡単に3000種類以上のデザインを作成可能。背景の変更やフォントの変更など、企業イメージに合わせた細かな編集も、クリックするだけで操作できる。

 スマートフォンにも標準で対応している。PCと同様に、難しい知識がなくてもスマートフォンの画面を簡単に編集でき、CSSなど高度な設定の変更も可能。スマートフォンには専用のコンテンツを表示するなど、スマートフォンとPC用のコンテンツを別々に管理できる。

 1つの記事に複数のカテゴリを割当可能。画像や動画も埋め込める。Evernoteのノートから記事を作成可能。検索エンジンやSNS対策として記事の概要も記述できる。コメントを受け付けるかどうかを設定可能。

 ブログを更新するとGoogleにインデックスを更新するように自動的に通知。Twitterでのツイートも記事として公開出来。記事はFacebookにも同時に投稿できる。

 常時SSL(HTTPS)化することでサイト訪問者に安全な閲覧環境を提供できる。標準ドメインなら、管理画面でチェックを入れるだけで簡単に常時SSLに対応。独自ドメインでは、自社で用意したサーバ証明書を設定すれば常時SSL化が可能になる。

 公開したブログ記事を主要なSNSでシェアできるボタンも利用できる。 1つのアカウントで最大250ブログまで対応。いつでも簡単に記事を投稿できるiOS/Android用の無償スマートフォンアプリも用意されている。

 サービスプランはライト、スタンダード、アドバンスの50と250。OEMでの利用にも対応可能。

Lekumoのまとめ
用途と機能ビジネスブログサービス
特徴スマートフォンには専用のコンテンツを表示するなど、スマートフォンとPC用のコンテンツを別々に管理。ブログを更新するとGoogleにインデックスを更新するように自動的に通知。公開したブログ記事を主要なSNSでシェアできるボタンも用意
税別価格ライト:月額2000円、スタンダード:月額4000円
アドバンス50:年額10万8000円、アドバンス250:年額37万8000円
導入企業大和リゾート、日本将棋連盟、慶應義塾大学 福澤研究センター、地球の歩き方T&E、ヒューマンアカデミーなど

「CMS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]