購買・調達

第3回:インターネットEDIへの移行と注意点--カギは歩調とタイミング

従来型EDIを使い続けることによる大きなリスクを避けるため、インターネットEDIへと移行する流れができつつある。各業界の現状と注意すべきリスクをJISAのEDIタスクフォースで座長を務める藤野裕司氏が解説する。

 前回は、日本の経済に従来型の電子データ交換(EDI)が大きくかかわっていること、もしEDIの通信が止まったり遅れたりすると、全産業に影響があることを説明しました。

 今回は、その従来型EDIが「固定電話のIP網移行」によって受ける影響を最小限にとどめるため、どう対処すべきかについて説明します。

インターネットEDIへ移行する世界

 まず、世界の動きを見てみましょう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3379文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]