AI・機械学習 アイ・ティ・アール

国内主要AI市場、2022年度まで36%成長--画像認識、製造業や小売業で活用進む

2017年度の国内AI主要5市場の売上金額は前年度比65.2%増の116億円。2022年度には500億円に達すると予測。画像認識と言語解析の市場規模が特に大きく、今後の成長も見込める。

 アイ・ティ・アール(ITR)は12月11日、国内の人工知能(AI)主要5市場規模推移と予測を発表した。2017年度の売上金額は前年度比65.2%増の116億円で、急速な伸びを示したという。

 画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索/探索の5つをAI主要5市場と定義。各市場ともに、認識精度の向上など技術的な進歩と活用用途の多様化が進みつつあるという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]