AI・機械学習 アイ・ティ・アール

国内主要AI市場、2022年度まで36%成長--画像認識、製造業や小売業で活用進む

2017年度の国内AI主要5市場の売上金額は前年度比65.2%増の116億円。2022年度には500億円に達すると予測。画像認識と言語解析の市場規模が特に大きく、今後の成長も見込める。

 アイ・ティ・アール(ITR)は12月11日、国内の人工知能(AI)主要5市場規模推移と予測を発表した。2017年度の売上金額は前年度比65.2%増の116億円で、急速な伸びを示したという。

 画像認識、音声認識、音声合成、言語解析、検索/探索の5つをAI主要5市場と定義。各市場ともに、認識精度の向上など技術的な進歩と活用用途の多様化が進みつつあるという。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]