セキュリティ

2019年に起きそうなデータ侵害--予想される5つの主なサイバー脅威

エクスペリアンが発表した予測によると、企業が2019年に直面する最大のサイバー脅威には、新旧のセキュリティ侵害の標的が混在しているという。

 今回で6年目となるExperianの年次報告書「Data Breach Industry Forecast」(データ侵害業界予測)が先日発表された。それによると、企業が2019年に直面する最大のサイバー脅威には、新旧のセキュリティ侵害の標的が混在しているという。これらの予想には、新しい侵害の未開拓分野が2つ含まれており(バイオメトリクスとゲーム)、サイバー攻撃者がますます巧妙になっている現状を示している。

 全世界のデータ侵害の平均コストは386万ドルに達しており、企業各社は自社のネットワークを効果的に保護するために、あらゆる潜在的脅威を認識しておく必要がある。

 Experianのデータ侵害解決担当バイスプレジデントのMichael Bruemmer氏はプレスリリースで、「ハッカーは非常に巧妙に保護対策の裏をかくようになっている。サイバー犯罪者は常に新しい防犯ゲートの一歩先を行っているように思える」と述べた。「われわれの予測は、ハッカーが脆弱性を悪用するために次に行きそうな場所に注目している。企業各社がこれらの未来の脅威から身を守れるようにするためだ」(Bruemmer氏)

 Experianは2019年のデータ侵害について、以下の5つのことを予測した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1116文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]