スマートフォン タブレット 無線LAN クライアントセキュリティ シマンテック

「データ通信量を節約できる」フリーWi-Fi、でも「安全性の判断が難しい」

フリーWi-Fiは「データ通信量を節約できる」「使える場所が多い」などのメリットがある。その一方でセキュリティリスクを抱えることも事実だ。フリーWi-Fiの使い方には注意が必要だ。

 シマンテックはiOS版の「ノートン モバイルセキュリティ(NMS)」を12月4日にリリース。12月6日に開いた会見で同製品を解説するとともに消費者のセキュリティ意識調査結果を明らかにした。

 同社が7月6~8日に15~69歳の2266人を対象した調査によれば、インターネット利用率はスマートフォンが95.2%と圧倒的。PCは75.9%、タブレットは33.4%、ゲーム機を含めたその他は17.3%と続く。

 フリーWi-Fiに対する認知も全般的に高く、通信事業者やインターネットサービスプロバイダー(ISP)が提供するWi-Fi認知率は91.8%、ホテルやコンビニエンスストアなど施設が提供するWi-Fiは93.8%、街などが設置したWi-Fiも92.3%と一様に高い。

 フリーWi-Fiに対する認識を見ると「データ通信量が節約できる(51%)」「緊急時・災害時に心強い(17.6%)」「タブレットでも手軽に通信できる(17.2%)」「使える場所が多い(15.1%)」といったポジティブな意見がある。一方で「情報盗難や漏洩が不安(46.3%)」「安全性の判断が難しい(42.6%)」「使える場所が少ない(29.6%)」「通信速度が遅い(29.6%)」などのネガティブな意見も集まった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1923文字 ログインして続きを読んでください。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]