マーケ・営業 ムーヴ

3S:コンバージョン率を上げられるウェブサイト離脱防止ツール

ウェブサイト離脱防止ツール「3S」は、コンバージョン率の改善と最大化が図れる。離脱タイミングで“待った”をかけてターゲットを獲得する。料金体系は完全成果報酬型。

3Sのポイント

  • 離脱タイミングで“待った”をかけて再考
  • iOS向けでは素材を管理画面から変更
  • 管理画面で「施策セット」を複数セットできる

3Sの製品解説

 コムソルが開発、ムーヴが販売する「3S」は、ウェブサイトの離脱や直帰を防止し、コンバージョン率の改善と最大化が図れるツールだ。料金体系については、初期導入費・月額等固定費が無料で、完全成果報酬型となっている。

編集部おすすめの関連記事

 従来は、ウェブサイトにアクセスしてきたターゲットが「他も比較してみたい」「まだいいかな」「○○経由で予約した方がポイントが付くのでは…」など、さまざまな理由で離脱してしまうケースが多かった。3Sでは、その離脱タイミングで“待った”をかけて再考させることで、今まで取りこぼしてしまっていたターゲットを獲得。コンバージョン率を向上させられるという。

 対応OSはAndroidやiOS、Windows、macOS。対応ブラウザはChromeやSafari、Internet Explorer、Firefox。

 iOS向けの離脱アクション対応として、従来ツールではアナログで行われていた素材を管理画面から変更可能。従来ツールでは1つの場所に1セット設置だったのに対して、管理画面で「施策セット」を複数セットできる。

 タグの入力や削除についても管理画面で簡単に切り替えられる。これらの機能を組み合わせることで、同箇所に対するA/Bテストも実現可能だ。そのほか、従来ツールが対応できていなかった、クライアントサイドのサーバにシステムを置く方式も対応可能としている。

3Sのまとめ
用途と機能ウェブサイト離脱防止ツール
特徴離脱タイミングで“待った”をかけて再考させることで、今まで取りこぼしてしまっていたターゲットを獲得。コンバージョン率を向上させられる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]