SIEM ゾーホージャパン

ManageEngine Log360:ログを収集、保管するSIEMソフト--ADも監査

簡易SIEMソフト「ManageEngine Log360」は、イベントログやSyslog、さまざまな形式のログを一元的に収集、保管できる。Active Directoryの監査も可能。検索機能やアラート機能が用意されている。

ManageEngine Log360のポイント

  • ネットワーク内のデバイスのSyslogをリアルタイムで収集し、分析
  • ファイルサーバやウェブサーバなどのリアルタイム監査にも対応
  • 特権ユーザーの活動を監視、Active Directoryの変更もリアルタイムに監査

ManageEngine Log360の製品解説

 ゾーホージャパンの「ManageEngine Log360」は、ログを収集、保管するとともにActive Directoryを監査するソフトウェア。簡易なセキュリティ情報イベント管理(SIEM)として活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 統合ログ管理ソフトウェア「ManageEngine EventLog Analyzer」とActive Directory監査レポートツール「ManageEngine ADAudit Plus」を1つのコンソール上に組み合わせた包括的なソリューションとして、ネットワークセキュリティ、Active Directoryの監査に効果を発揮する。検索機能やアラート機能、200種類以上のActive Directory監査レポートを用意している。

 ネットワーク内にあるデバイスのSyslogデータをリアルタイムで収集し、分析することが可能。レポートやコリレーション、検索などを活用することで、ネットワーク内のセキュリティイベントに対処することができる。

 また、Active Directory内のWindows Serverやファイルサーバ、ウェブサーバ、データベースなどをリアルタイムに監査できる。リアルタイムでの監査により、Active Directory内にて不正な挙動が発生した際など、アラート通知する。

 具体的な機能としては、Syslogデバイスやファイアウォール、ルータ、スイッチのようなネットワークデバイス、Linux/UNIXサーバ、Windows Server、アプリケーションなどのログを収集、監視、アーカイブできる。

 特権ユーザーの活動監視、Active Directoryの変更に関するリアルタイム監査、グループポリシーオブジェクト変更の迅速な特定、Active Directoryでのアカウント管理の最小単位であるOrganizational Unitの変更追跡が可能だ。

 内部のセキュリティ脅威に関する兆候検知、特定ファイルとフォルダへのアクセス情報提供、PCI DSSやFISMA、HIPAA、SOX、GLBA、GPG 13、GDPRといったコンプライアンス要件を満たしたレポートの出力、外部のセキュリティ攻撃への対処、データベースサーバの監査なども可能だ。

 オプションでSyslog管理やアプリケーションログ管理、SQL Serverログ管理、ファイルサーバ、NetAppやEMCのファイルサーバに対応する。

ManageEngine Log360のまとめ
用途と機能簡易SIEMソフトウェア
特徴統合ログ管理ソフト「EventLog Analyzer」とActive Directory監査レポートツール「ADAudit Plus」を1つのコンソール上に組み合わせ。Active Directoryと連携することで一度のWindows認証によってLog360やEventLog Analyzer、ADAudit Plusの3製品に自動ログイン
税別価格50万4000円~(年間ライセンス)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「SIEM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]