SIEM ゾーホージャパン

ManageEngine Log360:ログを収集、保管するSIEMソフト--ADも監査

簡易SIEMソフト「ManageEngine Log360」は、イベントログやSyslog、さまざまな形式のログを一元的に収集、保管できる。Active Directoryの監査も可能。検索機能やアラート機能が用意されている。

ManageEngine Log360のポイント

  • ネットワーク内のデバイスのSyslogをリアルタイムで収集し、分析
  • ファイルサーバやウェブサーバなどのリアルタイム監査にも対応
  • 特権ユーザーの活動を監視、Active Directoryの変更もリアルタイムに監査

ManageEngine Log360の製品解説

 ゾーホージャパンの「ManageEngine Log360」は、ログを収集、保管するとともにActive Directoryを監査するソフトウェア。簡易なセキュリティ情報イベント管理(SIEM)として活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 統合ログ管理ソフトウェア「ManageEngine EventLog Analyzer」とActive Directory監査レポートツール「ManageEngine ADAudit Plus」を1つのコンソール上に組み合わせた包括的なソリューションとして、ネットワークセキュリティ、Active Directoryの監査に効果を発揮する。検索機能やアラート機能、200種類以上のActive Directory監査レポートを用意している。

 ネットワーク内にあるデバイスのSyslogデータをリアルタイムで収集し、分析することが可能。レポートやコリレーション、検索などを活用することで、ネットワーク内のセキュリティイベントに対処することができる。

 また、Active Directory内のWindows Serverやファイルサーバ、ウェブサーバ、データベースなどをリアルタイムに監査できる。リアルタイムでの監査により、Active Directory内にて不正な挙動が発生した際など、アラート通知する。

 具体的な機能としては、Syslogデバイスやファイアウォール、ルータ、スイッチのようなネットワークデバイス、Linux/UNIXサーバ、Windows Server、アプリケーションなどのログを収集、監視、アーカイブできる。

 特権ユーザーの活動監視、Active Directoryの変更に関するリアルタイム監査、グループポリシーオブジェクト変更の迅速な特定、Active Directoryでのアカウント管理の最小単位であるOrganizational Unitの変更追跡が可能だ。

 内部のセキュリティ脅威に関する兆候検知、特定ファイルとフォルダへのアクセス情報提供、PCI DSSやFISMA、HIPAA、SOX、GLBA、GPG 13、GDPRといったコンプライアンス要件を満たしたレポートの出力、外部のセキュリティ攻撃への対処、データベースサーバの監査なども可能だ。

 オプションでSyslog管理やアプリケーションログ管理、SQL Serverログ管理、ファイルサーバ、NetAppやEMCのファイルサーバに対応する。

ManageEngine Log360のまとめ
用途と機能簡易SIEMソフトウェア
特徴統合ログ管理ソフト「EventLog Analyzer」とActive Directory監査レポートツール「ADAudit Plus」を1つのコンソール上に組み合わせ。Active Directoryと連携することで一度のWindows認証によってLog360やEventLog Analyzer、ADAudit Plusの3製品に自動ログイン
税別価格50万4000円~(年間ライセンス)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]