データ分析 AI・機械学習 開発ツール BI ガートナージャパン キヤノンITソリューションズ ウイングアーク1st

BI普及で広がるデータ活用--データの品質や鮮度を保つ体制が求められる

BIなどの普及でデータをビジネスに活用する動きが広がりを見せている。その一方でデータの品質や鮮度を保つ体制も改めて求められるようになっている。

 ビジネスインテリジェンス(BI)などのデータ分析ツールの普及によって、大がかりなシステムを組まなくてもビジネスにデータを活用できる環境が整いつつある。一方、データをどう分析、活用するかだけでなく、クレンジングをはじめとした管理面での課題まで考慮した方が良さそうだ。

 ここでは、データ活用に関する記事をまとめた。具体的なデータの活用方法から、調査結果から読み解くデータ活用の現状まで。自社でどうデータを活用するか、検討する上での参考としてほしい。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]