ドローン AI・機械学習

空飛ぶトラックが荷物を運ぶ日--クロネコヤマトが進めるデジタル化の勘所

クロネコヤマトで知られるヤマト運輸を抱えるヤマトホールディングスは2019年に100周年を迎えるが、「ロボネコヤマト」「空飛ぶトラック」などデジタル技術を積極的にビジネスに活用しようと取り組みを進めている。

 クロネコヤマトで知られるヤマト運輸を抱えるヤマトホールディングスは2019年に100周年を迎える。ヤマトホールディングスは、2017年9月に創業100周年に向けた中期経営計画「KAIKAKU 2019 for NEXT100」を策定。「デリバリー事業の構造改革」「非連続成長を実現するための収益・事業構造改革」「持続的に成長していくためのグループ経営構造改革」と3つの改革を断行することで、次の100年も持続的な成長を目指すという。

 機械学習プラットフォーム「DataRobot」を開発、提供するDataRobotは人工知能(AI)を活用したビジネスの事例などを披露するイベント「AI Experience 2018 Tokyo」を11月27日に開催。ヤマトホールディングスのデジタルイノベーション推進室 室長 奥住智洋氏が「ヤマトのデジタルトランスフォーメーションの取り組み」と題したセッションに登壇した。

 同社のデジタルトランスフォーメーションでの取り組みについて奥住氏は「“R&D+D”機能の強化によるデジタルイノベーション(変革)への対応を目指す」と説明。R&D=研究開発だが、“+D”とあるのはDisruptive(破壊的)を意味し、新規事業創出や既存事業の革新実現と平行して、既存ビジネスにとって“破壊的”となり得るデジタル革新を能動的に目指すという指針だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2063文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]