AI・機械学習

2019年のAI動向--課題はAI人材不足

2019年の人工知能に関するForresterの予測では、企業で人工知能(AI)を効果的に作成して利用するために、情報アーキテクチャを成熟させ、うまく開発することの重要性が指摘される一方で、この分野で優秀な人材が不足していることも言及されている。

 2019年の人工知能に関するForresterの予測によれば、組織内のTier 1サポート担当者は近い将来、人工知能(AI)に置き換えられる可能性があるという。何年も前から、データセンターの自動化などの概念により、ITスタッフが単調で退屈なシステムメンテナンスの日常業務を管理しなければならない範囲は狭まっていた。しかし、こうした自動化の使用では、システム管理の調整に人間を使用する。ハウツーに関する陳腐な質問への対応にAIを利用することで(通常、Tier 1サポート要請の大部分を占めるのはこうした質問だ)、その関係性が逆転する。具体的には、システムを使って人間を管理するようになり、「人工知能は人間の自然な愚かさに対抗できるのか」という質問が現実的な意味を帯びてくる。

 機械学習と自然言語処理の進歩に伴い、2019年以降も組織内でのAIの地位は高まり続けるだろう。ただし、これらの技術で全てを解決できるわけではない。Forresterのレポートには、「純粋なAIが全ての人間に永遠の休暇を取らせるのは、少なくとも今から100年先のことだ。とはいえ、実用的なAIは実際に存在する。企業は実用的なAIを使って、人間の知性の拡張、決定やプロセスの自動化、顧客体験や従業員体験のパーソナライズを行うことが可能で、実際にそれらを行っている」と書かれている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約736文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]