開発ツール

「Raspberry Pi 3 Model A+」入門--大幅に強化されたAシリーズ新モデル

シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」の「Model A」が4年ぶりにアップデートされた。前モデルや上位機種「Raspberry Pi 3 Model B+」との比較、ベンチマーク結果、適した用途などを紹介する。

 低価格の小型コンピュータ「Raspberry Pi」シリーズは販売台数が2000万台を突破しており、勢いが衰えそうな気配はほとんど見られない。

 このベストセラーシリーズの最新製品が「Raspberry Pi 3 Model A+」だ。

 本記事では、この25ドルのボードについて知っておくべきことを余すところなく紹介する。

どんなものなのか

 基本的には「Raspberry Pi 3 Model B+」より安価で小さく、やや機能が少ない25ドルのシングルボードコンピュータだ。

 前機種は2014年に20ドルで発売された「Raspberry Pi 1 Model A+」で、これは2012年に登場した初代Raspberry Piと同じハードウェアをベースとしている。

Raspberry Pi 1 Model A+とどこが違うのか

 Pi 3 Model A+のベースのハードウェアは、Pi 1 Model A+に比べてはるかに新しく高速で、一部のCPUベンチマークでは約10倍高速という結果が出ている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4870文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]