運用 サイオステクノロジー

LifeKeeper:仮想環境やクラウドにも対応するHAクラスタリングソフト

クラスタリングソフトウェア「LifeKeeper」は、システムの障害を監視し、稼動系に障害が生じた場合に待機系に自動的に切り替える。仮想環境やパブリッククラウドにも対応する。

LifeKeeperのポイント

  • 共有ディスク構成とデータレプリケーション構成に対応
  • 相互スタンバイやN対1スタンバイの方式にも対応
  • 仮想化基盤と連携して、アプリケーションのレベルまでカバー範囲を拡張

LifeKeeperの製品解説

 サイオステクノロジーの「LifeKeeper」は、高可用性(High Availability:HA)クラスタリングソフトウェア。システムの障害を監視し、稼動系に障害が生じた場合に待機系に自動的に切り替えることでシステムダウンタイムの時間を短縮する。共有ディスク構成とデータレプリケーション構成に対応する。

編集部おすすめの関連記事

 共有ディスク構成は、外部ストレージを共有ディスクとして活用するHAクラスタシステム。ストレージとマルチパス構成を含めたクラスタシステムを試験、信頼性の高いフェイルオーバーが可能という。

 データレプリケーション構成は、外部ストレージが不要なクラスタシステム。サーバごとに接続されたローカルディスクを複製することでミラーボリュームを作成して共有ディスクとして扱う。物理的な制約がなくなり、遠隔地にもフェイルオーバーできる。

 GUIツールと「ARK(Application Recovery Kit)」が連動することで、ウィザードに対して必要な入力をするだけでクラスタリソースの作成が可能。すべての設定や変更作業がGUIで行え、リソース間の依存関係はARKが自動設定してくれる。変更する場合も、OSの再起動の場合以外はアプリケーションを停止せず、GUIで動的に展開できる。

 「相互スタンバイ」「N対1スタンバイ」の方式にも対応する。相互スタンバイは、2台のサーバでそれぞれ違うサービスを実行していて、通常、消費しない待機系の利用率を上げるためにアクティブ/アクティブの構成を組める。

 N対1スタンバイ方式は、N台のサーバでそれぞれサービスを実行している中で、障害が起きた時に待機系サーバでサービスを引き継いで実行する。アクティブ/アクティブとN×1を組みあわせたN×Mも構成できる。

 仮想環境の場合、仮想化基盤と連携して、アプリケーションのレベルまで仮想環境のカバー範囲を拡張して物理環境と同様の可用性を実現可能という。仮想環境内で仮想マシンの可用性を保つ方式と障害発生時に仮想環境を構成するスタンバイサーバに切り替える方式に対応する。

 パブリッククラウドでは、オンプレミスのバックアップをクラウドに構築する場合、リージョンをまたいだクラスタリングなどに対応。パブリッククラウドのSLAで通常カバーされるOSや仮想マシンだけでなく、ミドルウェアやアプリケーションにまで可用性の対象を拡張できる。

LifeKeeperのまとめ
用途と機能HAクラスタリングソフトウェア
特徴仮想環境内で仮想マシンの可用性を保つ方式と障害発生時に仮想環境を構成するスタンバイサーバに切り替える方式に対応。パブリッククラウドでは、ミドルウェアやアプリケーションにまで可用性の対象を拡張可能
導入企業セイコーエプソン、ソニーネットワークコミュニケーションズ、インターネットイニシアティブなど

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]