グループウェア ネオアクシス

Notes Data Converter:閲覧権限も対象のSharePoint向けデータ移行ツール

データ移行ツール「Notes Data Converter」は、NotesからSharePoint Onlineにデータを移行させられる。Notesにある文書データはもちろんのこと、閲覧権限情報なども移行することが可能。

Notes Data Converterのポイント

  • 閲覧権限の「読者フィールド」もSharePoint Onlineへ移行
  • Notesアプリケーションの「フィールド名」を自動解析
  • 移行元とアプリケーションを限定せずにデータ移行が可能

Notes Data Converterの製品解説

 ネオアクシスの「Notes Data Converter」は、「Notes」から「SharePoint Online」へのデータ移行ツール。手作業でのデータ移行の作業時間と比べて約90%の工数を削減できるという。「intra-mart」へのデータ移行ツールも用意されている。

編集部おすすめの関連記事

 Notesからデータを移行する際、文書データや添付ファイルだけではなく、文書データを閲覧するのに必要な権限も含めて移行する必要がある。従来のデータ移行ツールでは、文書データは移行ができても、閲覧権限は再現できず、移行したデータのすべてが閲覧可能な状態になってしまうため、閲覧権限の再設定が必要となっていた。

 Notes Data Converterでは閲覧権限であるNotesの「読者フィールド」もSharePoint Onlineへ移行することが可能。閲覧権限を再設定することなく、Notesの閲覧権限を保持したままデータを移行できる。

 従来のデータ移行ツールでは、標準的なアプリケーション以外を移行対象外とするものが多かったのに対し、Notes Data ConverterはNotesアプリケーションの「フィールド名」を自動解析し、その情報をSharePoint Onlineアプリケーションの「列名」に、プルダウンメニューから選択することでマッピングが可能。これにより、移行元とアプリケーションを限定せずにデータ移行が可能となる。

Notes Data Converterのまとめ
用途と機能NotesからSharePoint Onlineへのデータ移行ツール
特徴閲覧権限であるNotesの「読者フィールド」もSharePoint Onlineへ移行。Notesアプリケーションの「フィールド名」を自動解析し、その情報をSharePoint Onlineアプリケーションの「列名」に、プルダウンメニューから選択することでマッピングが可能
税別料金200万円~

「グループウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]