周辺機器 グレープシティ

RayPen:署名を電子化できるSalesforce専用手書きコンポーネント

Salesforce専用ユーザーインターフェース「RayPen」はSalesforceに“手書き入力”の機能を追加できる。顧客や案件などのデータと手書きデータをひも付けることで、紙に直筆サインをもらうような業務を電子化できる。

RayPenのポイント

  • 手書きの署名はイメージデータとして保存、他のデータとひも付け
  • イメージデータは他のアプリから呼び出し可能
  • Salesforceの関連知識だけで手書き入力を追加

RayPenの製品解説

 グレープシティの「RayPen」は、Salesforce専用の手書きコンポーネント。Salesforceを基盤としたアプリケーションにペン入力のフォームを組み込むことができるAppExchangeパッケージ。手書き入力を開発する場合は、導入までのスピードや工数、品質、保守などさまざまなことを考慮する必要がある。RayPenなら開発や保守を最小限に抑えられるという。

編集部おすすめの関連記事

 記述された手書きの署名はイメージデータとしてSalesforceに保存される。Salesforce内の顧客や案件などのデータと手書きデータをひも付けることで、紙に直筆サインをもらうような業務を電子化できる。

 イメージデータはオブジェクトの項目として活用可能。Salesforceの他のアプリから任意の手書きデータを呼び出したり、帳票上に配置したりできる。

 Salesforceに手書き入力を追加することで「お客さまの受領サインを電子化したい」「せっかくCRMやSFAをクラウド化したのに紙ベースのやり取りがまだ残っている」といった現場の要望に対応できる。作業完了報告や個人情報取得の同意、手術の同意など、営業やフィールドワーカーをはじめ、各種アンケート、医療現場まで、さまざまな業務シーンに対応できる。

 「Visualforce」といったSalesforceの関連知識だけで手書き入力機能を使うことが可能だ。iOS 10~、Android 5~のモバイル端末でSalesforceモバイルアプリ(旧Salesforce1アプリ)を使用できる。対応するインターフェースはSalesforce ClassicかLightning Experience。対応するSalesforceのエディションはEnterprise、Unlimited、Force.com、Developer、Performanced。

RayPenのまとめ
用途と機能Salesforce専用手書きコンポーネント
特徴記述された手書きの署名はイメージデータとして保存。他のアプリから任意の手書きデータを呼び出したり、帳票上に配置したりできる
税別料金50ユーザーあたり月額1万円
※大規模向けライセンスは別途見積り

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]