開発ツール

「Raspberry Pi 3 Model A+」レビュー--多くの可能性を秘めた25ドルのコンピュータ

人気のシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」シリーズから新モデル「Raspberry Pi 3 Model A+」が登場した。「Raspberry Pi 3 Model B+」に迫る性能でありながら、より小さく安価な同機の魅力を紹介する。

 今度25ドルを何かに使うとしたら、家族に「Big Mac」をごちそうしてもいいし、自動車にガソリンを入れてもいいが、新しい「Raspberry Pi 3 Model A+」コンピュータを購入するのもいいだろう。

 コンピュータがこれほどの低価格であることにもはや驚きはない。その事実は、Raspberry Piが2012年の発売以来、テクノロジの価格設定に多大な影響を及ぼしてきた証だ。

 Raspberry Pi 3 Model A+は、膨大な数が売れているPiシリーズの最新ボードであり、35ドルの「Raspberry Pi 3 Model B+」とほぼ同等の機能を搭載しつつ、価格はより安く、サイズはさらに小さい。

 もちろん、価格を下げた代償はある。メモリの容量は半分になり、ギガビットイーサネットに非対応で、USB 2.0は1基のみだ。

 とはいえ、Pi 3 A+は以前の20ドルの「Raspberry Pi Model A+」から飛躍的な進化を遂げている。2014年に発売された同モデルは、初代Raspberry Piと同じシングルコアプロセッサをベースとしていた。

 Pi 3 A+のプロセッサは、ベンチマークテストで初代A+の10倍の速度を記録した。だが、新型A+を旧モデルと比較した場合の最大の強みは接続機能だ。初代A+は有線接続も無線接続もできなかったが、Pi 3 A+はPi 3 B+と同じ高速な802.11ac Wi-FiとBluetooth 4.2を利用できるため、データのやりとりがはるかに簡単になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5412文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]