開発ツール

「Raspberry Pi 3 Model A+」レビュー--多くの可能性を秘めた25ドルのコンピュータ

人気のシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」シリーズから新モデル「Raspberry Pi 3 Model A+」が登場した。「Raspberry Pi 3 Model B+」に迫る性能でありながら、より小さく安価な同機の魅力を紹介する。

 今度25ドルを何かに使うとしたら、家族に「Big Mac」をごちそうしてもいいし、自動車にガソリンを入れてもいいが、新しい「Raspberry Pi 3 Model A+」コンピュータを購入するのもいいだろう。

 コンピュータがこれほどの低価格であることにもはや驚きはない。その事実は、Raspberry Piが2012年の発売以来、テクノロジの価格設定に多大な影響を及ぼしてきた証だ。

 Raspberry Pi 3 Model A+は、膨大な数が売れているPiシリーズの最新ボードであり、35ドルの「Raspberry Pi 3 Model B+」とほぼ同等の機能を搭載しつつ、価格はより安く、サイズはさらに小さい。

 もちろん、価格を下げた代償はある。メモリの容量は半分になり、ギガビットイーサネットに非対応で、USB 2.0は1基のみだ。

 とはいえ、Pi 3 A+は以前の20ドルの「Raspberry Pi Model A+」から飛躍的な進化を遂げている。2014年に発売された同モデルは、初代Raspberry Piと同じシングルコアプロセッサをベースとしていた。

 Pi 3 A+のプロセッサは、ベンチマークテストで初代A+の10倍の速度を記録した。だが、新型A+を旧モデルと比較した場合の最大の強みは接続機能だ。初代A+は有線接続も無線接続もできなかったが、Pi 3 A+はPi 3 B+と同じ高速な802.11ac Wi-FiとBluetooth 4.2を利用できるため、データのやりとりがはるかに簡単になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5412文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]