RPA 人材管理 ソフトバンク

ソフトバンク流RPA活用術--社員育成と働き方改革を両立させる“本質的”な自動化

ソフトバンクでは新しいテクノロジーに積極的に取り組んでいる。自社での改革から新たなビジネスの構築までを目指しているが、中でもRPAに注力。RPAの潜在能力を語る。

 ソフトバンクでは、新しいテクノロジーを積極的に活用し、新しいビジネスモデルの創出を目指しているという。7月に開催されたイベント「RPA DIGITAL WORLD 2018」では、ソフトバンク 法人事業統括 プロセスマネジメント本部 副本部長 兼 RPA推進責任プロセスマネジメント本部の上永吉聡志氏が登壇。ロボティクスプロセスオートメーション(RPA)を中心に据え、ビジネスモデルを創出、新しいビジネスプロセスの構築に取り組む現状を説明した。

ソフトバンクの上永吉聡志副本部長
ソフトバンクの上永吉聡志副本部長

 スマートスピーカーやロボット、SNSなどの新しい“新興テクノロジー”が台頭。デジタル化が世界規模で急速に進んでいるという。「ビッグデータや人工知能(AI)、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)などのバズワードを皮切りとし、新しいデジタル化社会の構築が謳われている。現在69億の人口に対して125億個存在すると言われているIoT搭載デバイス数は、2020年には500億、2040年には10兆個になる。日本でも“Society 5.0”を掲げる内閣府を筆頭に、超スマート社会を目指そうという動きがある」(上永吉氏)と世界と日本での動きを説明する。

 日本の企業という観点では、多くがデジタル化によって働き方や職場環境、業務構造などの改革と、新しいビジネスプロセスの構築、成長戦略の創出を目指しているが、ほとんどがIT人材不足という課題に突き当たっているという。「経済産業省によると、2017年で顕在化しているIT人材の供給量は92万人で、不足数は22万人。人材不足はソフトバンクでも課題で、これからの高齢化でさらに加速する」(上永吉氏)と説明。「さまざまな近未来が描かれているが、いったい誰が実行するのか。当事者意識を持って改革する必要がある」(上永吉氏)と、新興テクノロジーを活用する体制の必要性を訴える。

深刻な人材不足は加速するという
深刻な人材不足は加速するという

 人材不足以外の問題も指摘した。「多くの新興テクノロジーが急増、乱立しており、すべてが自社のテクノロジーを基軸としている」(上永吉氏)。それぞれが自社目線で語るため、全てを純粋に聞いていると混乱する傾向があるという。ソフトバンクの働き方改革は、人材不足の解消と新興テクノロジーの選択、扱い方にあると説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3336文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]