プロジェクト管理 ヌーラボ

Backlog:Gitなどでソースコードも管理できるプロジェクト管理ツール

プロジェクト管理ツール「Backlog」は、進捗を可視化して担当者の作業や期限を明確にする。課題管理やドキュメントやファイルの管理なども利用できる。

Backlogのポイント

  • ガントチャートで作業スケジュールを棒グラフで表示、進捗は色分け
  • ソースコードとプロジェクトをひも付けて管理、作業内容をチームで共有
  • Wikiで作業マニュアルや議事録などを共有

Backlogの製品解説

 ヌーラボの「Backlog」はプロジェクト管理ツール。課題管理やバージョン管理、ドキュメントやファイルの管理も利用できる。ウェブ制作やソフトウェア開発、大手広告代理店、全国版新聞社などさまざまな業種で使われている。

編集部おすすめの関連記事

 開発者はもちろん、マーケターやデザイナーなどのチームメンバー全員がすぐに使いこなせることを前提としている。統合されたプラットフォームでチームメンバーの作業状況をこまめに共有し、プロジェクトを迅速に進められるようになる。継続的インテグレーションツール「Jenkins」やプロジェクト管理ツール「Redmine」、メールなど使い慣れているサービスと連係できる。

 プロジェクト管理では、チームメンバーの仕事をひとつのプロジェクトにまとめることで担当者や期限を明確化。開発やデザイン、マーケティングなどの業務ごとのプロジェクトを作成して、課題を作成することで作業を整理できる。

 ガントチャートでは作業スケジュールが棒グラフで表され、進捗は色分けされる。作業の進捗状況は未対応、処理中、処理済み、完了の4つから選択できる。担当者と進捗状況を明示して対応漏れを防止できる。

 課題管理の観点では、プロジェクトの課題を作成して担当者やスケジュール、優先順位を個別に設定でき、作業完了時の連絡や対応状況の変更も可能。親課題と子課題に分割して内容と担当者を明確にできる。

 バージョン管理では、バージョン管理システムの「Git」や「Subversion」のリポジトリ機能を搭載して、ソースコードを管理。ソースコードとプロジェクトをひも付けて管理することで作業内容を簡単にチームに共有できる。

 リポジトリ機能ではチームでソースコードをレビューできる。ファイル間の差分は色を分けて表示。誰がどこに変更を加えたのか明確にしてどれをマージすべきか判断できる。

 ブランチごとにコミット履歴を確認可能。ファイルブラウザから履歴を閲覧するとファイルに関連する履歴だけを閲覧できる。開発プロセスはWikiで管理。自由に共同で編集するだけでなく、以前のバージョンの参照や復元もできる。

 ドキュメントとファイル管理ではWikiを使ってチームメンバーと作業マニュアルや議事録などの情報を共有することが可能。PDFからAiやPsまで、大容量ファイルもまとめて管理できる。

 300種類以上のキャラクターアイコンやスターによるいいね機能など、コラボレーションを促す機能も充実。社内メンバーや取引先、代理店担当者と作業やプロジェクトの進捗状況についてコメントを送り合う、課題に関するコメントや更新内容をメンバーに通知し連絡漏れを防止する、といった使い方も可能だ。

 サービスプランは、スターター、スタンダード、プレミアム、プラチナの4つ。これとは別にオンプレミス型のエンタープライズもある。スターターは、プロジェクト数が5つ、ユーザー数が30。スタンダードはプロジェクト数が100、ユーザー数が無制限。プレミアムはプロジェクト数とユーザー数が無制限。プラチナもプライオリティサポートが利用できる。

Backlogのまとめ
用途と機能プロジェクト管理ツール
特徴継続的インテグレーションツール「Jenkins」やプロジェクト管理ツール「Redmine」などと連係可能。開発やデザイン、マーケティングなどの業務ごとのプロジェクトを作成して、課題を作成することで作業を整理。PDFからAiやPsまで、大容量ファイルもまとめて管理
税別料金(月額)
スターター:2000円、スタンダード:9800円、プレミアム:1万9800円、プラチナ:5万円
オンプレミス型エンタープライズ:年額15万円~
導入企業ソフトバンクロボティクス、サンスター、ウェブリオ、JALブランドコミュニケーション、日本経済新聞社など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]