周辺機器 グレープシティ

RayBarcode:関連知識だけで追加できるSalesforce専用バーコード

Salesforce専用ユーザーインターフェース「RayBarcode」は、Salesforce上に“バーコード読取入力”の機能を追加できる。LightningやVisualforceといったSalesforce関連知識だけで活用できる。

RayBarcodeのポイント

  • 無償提供の専用モバイルアプリでバーコードを読み取り
  • 1次元バーコードや2次元バーコードなどに対応
  • Salesforce関連知識だけで生成、読み取り

RayBarcodeの製品解説

 グレープシティの「RayBarcode」は、Salesforce専用のバーコードコンポーネント。Salesforce上に“バーコード読取入力”の機能を追加することでヒト、モノ、コトと結び付けられる。

編集部おすすめの関連記事

 受講票のバーコード発行からバーコード読み取りによる入場管理までセミナーやイベントの入場管理の仕組みをSalesforceに構築できる。フィールドワーカーの作業完了報告や終了確認といった流れをSalesforceのシステムに連動できる。

 商品の在庫管理や入出荷検品などで発注リストのバーコードを読み取って、入荷した大量の部品を連続スキャンして照合、あるいは数量ミスなどは自動で通知する仕組みなども構築できる。

 読み取りに関しても専用デバイスは不要。無償提供している「RayKit」専用のモバイルアプリ(Android/iOS)をインストールすれば、時間や場所を選ばずスマートフォンからバーコードの読み取りが可能になる。Salesforceのモバイルアプリとほぼ同等の機能を搭載。アプリを切り替えることなく、バーコード読み取りを含めて全ての業務をこなせる。

 対応するバーコードは物流などで使われるJANコードや郵便などで利用されるカスタマバーなどの1次元バーコード、QRやDataMatrixなどの2次元バーコード、GS1データバーなど。

 LightningやVisualforceといったSalesforce関連知識だけでバーコードの生成や読取機能を活用できる。ウェブAPIで直接画像を取得可能。Salesforce標準機能やAppExchangeパッケージとも連係できる。Salesforce向け画面開発サービス「SkyVisualEditor」に対応するためのAppComponentも含まれている。

ほか
RayBarcodeのまとめ
用途と機能Salesforce専用のバーコードコンポーネント
特徴JANコードなどの1次元バーコード、QRなどの2次元バーコード、GS1データバーなどに対応。ウェブAPIで直接画像を取得可能。Salesforce標準機能やAppExchangeパッケージとも連係
税別料金1ユーザーあたり月額900円
※大規模向けライセンスは別途見積り

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  2. CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く
  3. 【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス
  4. 【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?
  5. 今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]