CRM グレープシティ

RaySheet:SalesforceでExcelライクな一覧の表示や編集が可能なUI

Salesforce専用ユーザーインターフェース「RaySheet」は、SalesforceをExcelのように使える。Excelの使い慣れた操作性を維持して“入力”の負荷を軽減し、Salesforceをより便利で強力なプラットフォームに拡張できる。

RaySheetのポイント

  • Salesforceの一覧上でExcelライクにデータの新規作成や更新、削除、複製
  • 合計や小計の表示に加えて、300種類以上のExcel関数と演算子も利用
  • Salesforce上に存在するデータを直接読み書き

RaySheetの製品解説

 グレープシティの「RaySheet」(旧GrapeCity Spreadsheet for Salesforce)は、Salesforce上の「取引先」「取引先責任者」といったオブジェクトやカスタムオブジェクトのデータをExcelライクな画面で一覧表示や一括編集ができるAppExchangeアプリケーション。Excelの使い慣れた操作性を維持して“入力”の負荷を軽減できる。Salesforce ClassicとLightning Experienceに対応する。

編集部おすすめの関連記事

 Salesforceの一覧上でExcelライクにデータの新規作成や更新、削除、複製が可能。「この一覧を直接編集したい」「コピー&ペーストで複製できれば業務効率化が図れる」といった要望に応えられる。

 書式や条件付き書式、行列の固定、セルのマージなど、Excelライクなスタイリングも可能。一覧上での合計や小計の表示に加えて、300種類以上のExcel関数と演算子も利用できる。

 Salesforce上で動作するウェブアプリケーションであり、ウェブブラウザがあれば動作する。追加のデスクトップアプリケーションを導入する必要はなく、Excelのバージョンを心配する必要もない。WindowsでもMacでも利用できる。

 Salesforce上に存在するデータを直接読み書きしている。Salesforceの外にデータのコピーを作るわけではない。「Canvas」というHTML5の技術を使っている。CanvasはGoogleマップでウェブブラウザに地図を表示する仕組みと同じもの。

RaySheetのまとめ
用途と機能Salesforceと業務をつなぐExcelライクな一覧インターフェース
特徴Excelの使い慣れた操作性を維持して“入力”の負荷を軽減。Salesforce ClassicとLightning Experienceに対応。書式や条件付き書式、行列の固定、セルのマージなど、Excelライクなスタイリングも可能
税別料金1ユーザーあたり月額1500円
※大規模向けライセンスは別途見積り
導入企業レインボー・ジャパン、レスメッド、情報戦略テクノロジー、ファインドスターなど

「CRM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]