購買・調達 データ・アプリケーション

第2回:EDI2024年問題の正体--日本の産業を支えるEDIがなぜ重要なのか

固定電話網のIP化に伴い、変更を余儀なくされる従来型EDI。いったいどんなもので、どういった人に影響を及ぼす可能性があるのか。情報サービス産業協会(JISA)のEDIタスクフォースで座長を務める藤野裕司氏が解説する。

 前回は、固定電話がIP網に移行することになった経緯と、従来型EDIはその影響を受けること、またNTTが後継のサービスを提示したものの、EDIでは最適な状態で利用できないことを説明しました。

 今回は、そのEDIとは具体的にはどのようなもので、どのような場面で利用されているのか。そして、EDIに問題が起きたときにどんな影響を受けるのかについて説明しましょう。

そもそもEDIとは?

 EDIとは、Electronic Data Interchange(電子データ交換)の略であることは前回お話ししました。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2410文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]