PC その他セキュリティ 周辺機器 ベンキュージャパン VAIO

「構想3年、開発2年」VAIOのPC新製品--初のデタッチャブル、2in1の難点を解消

VAIOが新PC「A 12」「Pro PA」を発表した。本体とキーボードが分離するデタッチャブルモデルは同社にとって初。既存の2in1で犠牲となっていたところを解消すると説明する。

12.5型ワイド 2in1PC「VAIO A 12」/「VAIO Pro PA」
12.5型ワイド 2in1PC「VAIO A 12」/「VAIO Pro PA」

 PCメーカーのVAIO(長野県安曇野市)は11月13日、2in1PCの新モデルとして個人向けの「A12」と法人向けの「Pro PA」を発表した。同日から受注を開始した。

 VAIOとして初めて本体とキーボードユニットが分離する“デタッチャブル構造”を採用。一般的な折りたたみ形式の“クラムシェル”型のノートPCとして使えるほか、必要に応じてタブレットとしても使用できる。どちらも画面の大きさは12.5インチワイド。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2394文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 医療業界が直面する4つの課題と、医療機関の業務効率を高めるためのITプラットフォーム
  2. 製造業をモダナイズ! アジャイルでデータ中心型のインフラストラクチャーを実現する要件とは
  3. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. 【調査】軽減税率への対応、御社の会計処理はいかがですか--「対処済は2割ほど」が現実!?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]