バックアップ Acronis AG(アクロニス・ジャパン)

Acronis True Image:クラウドも活用できるバックアップソフトウェア

バックアップソフトウェア「Acronis True Image」はクラウドも活用してデータ消失のリスクを低減できる。状況を監視するとともにファイルサイズを表示、速度も測定できる。

Acronis True Imageのポイント

  • ローカルドライブとクラウドにバックアップを作成可能
  • OS丸ごとのフルイメージやフォルダ単位など目的に応じてバックアップ
  • 外付けドライブやネットワークなどデータを保存する場所を制御可能

Acronis True Imageの製品解説

 アクロニス・ジャパンの「Acronis True Image」はバックアップソフトウェア。クローン作成とミラーイメージングでシステムの複製を作成し、ディスクの移行やシステムの復元に必要なすべてのデータを取得する。

編集部おすすめの関連記事

 オンサイトとオフサイト、2つのバックアップデータを利用できるように、ローカルドライブとクラウドにバックアップを作成する。万が一の際は、システム全体または特定のファイルを確実かつ迅速に復元することが可能だ。

 OS丸ごとのフルイメージバックアップ、ファイルやフォルダ単位のバックアップ、起動中ディスクのクローン作成、イベントに紐づくスケジュール設定、ノンストップバックアップ、ブートメディアビルダーなどのツールを使って、目的に応じたバックアップデータを保護する。

 バックアップに関するすべてが一目で分かるよう可視化されており、バックアップ状況の監視やファイルサイズの表示、バックアップ速度の測定が可能なほか、保存されたデータの種類を色分けされた表示で確認できる。

 どこにデータを保存するかを制御できる。外付けドライブ、ネットワークフォルダ、NASデバイスなどのローカル環境、オフサイトのクラウド、またはこれらを組み合わせて、データ消失リスクを低減できる。WindowsやMac、iOS、Android の各デバイス、Mac上の仮想マシンやSNSアカウントをサポートし、データがどこで使われていても保護することが可能だ。

 最新版ではオールインワン型リカバリツール「Acronis Survival Kit」を搭載。外付けドライブに作成され、ブートメディアやシステムパーティション、コンピュータ全体のバックアップといったシステム全体を確実に復元するために必要なものを格納している。

 最新版では、不要なバージョンのバックアップを手動で選択して不要なファイルを削除可能。Mac版では、使用中のシステムの複製としてクローンを作成する。

Acronis True Imageのまとめ
用途と機能バックアップソフトウェア
特徴OS丸ごとのフルイメージ、ファイルやフォルダ単位、起動中ディスクのクローン作成、イベントに紐づくスケジュール設定、ノンストップバックアップ、ブートメディアビルダーなど目的に応じてバックアップ可能。外付けドライブやネットワークフォルダ、ローカル環境、オフサイトのクラウド、これらを組み合わせられる
税別料金Standard(買い切り型):5480円
Advanced(年間サブスクリプション):5480円
Premium(年間サブスクリプション):1万980円

「バックアップ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]