OS・ミドルウェア

Linuxで2要素認証をセットアップ--より強固なセキュリティを実現

悪意あるユーザーがコンピュータにアクセスするのをより困難にする2要素認証。ここでは、Linuxで2要素認証をセットアップするプロセスを説明する。

 読者の皆さんがLinuxの管理者で、Linuxサーバおよびデスクトップのセキュリティを可能な限り強固にしたいと考えているなら、2要素認証を利用することは当然の義務だ。これは、「考える必要もないこと」とみなされるべきである。それはなぜか。2要素認証を追加すれば、悪意あるユーザーが皆さんのコンピュータにアクセスするのが途方もなく困難になるからだ。Linuxでは、マシンに関連付けられた2要素認証コードを知らないユーザーがコンソールやデスクトップにログインしたり、セキュアシェルによってログインしたりできなくなるように、マシンをセットアップすることが可能だ。

 本記事では、「Ubuntu Server 16.04」を使って、2要素認証をセットアップするプロセスを説明する。過去にこのプロセスを試みたことがある読者もいるかもしれないが、それらの手順は既に変更されており、過去に詳しく説明した方法はもう使えないので注意してほしい。

始める前に知っておくべきこと

 2要素認証の追加について知っておくべきことが1つある。2要素認証のセットアップ完了後は、サードパーティーのアプリケーションによって生成されるコードがなければ、マシンにアクセスできなくなる。ログインするたびに、スマートフォンか緊急コード(必要なツールのインストール時に生成される)のいずれかが必要になる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3309文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る
  4. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]