人事・労務

週5日勤務は妥当?--調査で明らかになった労働時間の実態と理想

KronosのWorkforce Instituteと、Future Workplaceがこのほど発表した調査によると、従業員の3分の1は週に1日少なく働くことで20%の給与カットを受け入れるという。

 Kronosのシンクタンク部門であるWorkforce InstituteとFuture Workplaceが共同で発表した調査によると、従業員は、週5日勤務する必要を感じていないという。フルタイム従業員の約半数(45%)は、邪魔が入らなければ仕事を1日5時間以内に終えることが可能だと答えたが、その一方で、72%は給与が変わらなければ働けるのは週に4日かそれ以下と答えた。

 約3000人近くを対象に8カ国にて実施した調査によると、自分の主な業務とは関係のない業務特有の作業によって日々時間をロスしていると答えた人は約86%にのぼり、41%の従業員は1日1時間以上を実務と関係のない作業で浪費していると答えた。また40%の従業員は、所属組織にとって価値の促進につながらない事務作業に1日1時間以上取られていると答えたことがわかった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約868文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]