クラウドストレージ クラウドサービス

MS「OneDrive」に機能追加--新しい「Mobile Capture」シナリオと議事録共有

Microsoftはモバイル版アプリ「OneDrive」の次期バージョンを2018年11月中にリリースする予定だという。同社が米国時間11月6日付のブログ投稿で発表した。

 Microsoftはモバイル版アプリ「OneDrive」の次期バージョンを2018年11月中にリリースする予定だという。同社が米国時間11月6日付のブログ投稿で発表した。この投稿によると、リリースを控えているメジャーアップデートは、新しい「Mobile Capture」シナリオとインテリジェントな議事録共有機能の2つだという。さらに、ウェブ版のOneDriveにもわずかなアップデートが施され、「Recent」「Manage Access」のエクスペリエンスが新しくなるというと、Microsoftは付け加えている。

 OneDriveは、ファイルをクラウドに格納するMicrosoftのサービスで、ユーザーがあらゆるデバイスからファイルの格納や同期、共有といった操作ができるよう、シンプルで一元化された方法を提供する。Microsoftアカウントの所有者なら誰でもOneDriveに無料でアクセスできるため、既に「Microsoft Office」サービスを使用しているビジネスプロフェッショナルには優れたファイルストレージオプションとなっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1144文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]