オフィスソフト

「Word」で用語集を追加する--一般的な形式で意味を表示させる方法

「Word」には一般的な用語集を追加する機能が組み込まれていないが、今回解説する方法を使えば、そのような形式で用語集を作ることが可能だ。

 「『Word』で用語集を追加する--用語の出現時に意味を表示させる3つの方法」という記事で、一般的な用語集を作ることなく用語の意味を表示する3つの方法を紹介した。ドキュメントの最後に用語集を追加するのは難しくはないが、直感的にできる作業でもない。良くも悪くも、Wordには用語集を作る機能が組み込まれていないが、代わりに「引用文献登録」機能を使えば、一般的な用語集を作成できる。この記事ではそのやり方を紹介しよう。

 筆者は、「Office 365」(デスクトップ版)の「Word 2016」を使用しているが、このテクニックは古いバージョンでも使える。自分のドキュメントを使ってもいいし、.docx形式または.doc形式のデモファイルをダウンロードしてもいい。ブラウザ版では参照をマークすることはできない。

引用文献登録(TA)とは

 引用文献登録(TA)は、引用文献のリストを作成する機能で、昔から弁論趣意書の一部として使われてきた。判例や法令、出典をマークし、用語とそれらが登場するページをリストにする。ドキュメントにマークを付けインデックスを作成するのとよく似ているがTAは機能的にもっと優れている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2800文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]