スマートフォン

グーグル「Pixel 3」レビュー--ビジネス用端末としての実力を測る

「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」は純粋な「Android」を搭載するグーグルの最新スマートフォンだ。ここではビジネスシーンでの利用を念頭に、その機能やメリット、デメリットなどを紹介する。

 Googleが3年前に「Pixel」ブランドのスマートフォンを発売したことで、「Android」は主にサムスンやMotorolaなどのOEMに依存する状況から脱却し、「iPhone」に対抗する上質なファーストパーティーフラッグシップ製品を手に入れた。10月にリリースされた「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」は、Appleの最新モデルである「iPhone XS」「iPhone XS Max」の対抗機という位置付けだ。

 今回のレビューでは、ビジネスパーソン(幹部社員、開発者、リモートワーカーなどを含む)にとってのPixel 3のメリットを重点的に紹介する。一般ユーザー向けのレビューについては、米ZDNetによるPixel 3Pixel 3 XLのレビュー記事を参照してほしい。

第一印象

 Pixel 3 XLは業界随一の高さを持つディスプレイノッチが広く批判されているが、標準サイズのPixel 3にはノッチがない。この疑問の余地のあるデザインは、「iPhone X」のリリース以来、多くのフラッグシップAndroidスマートフォンに採用されている。Pixel 3は基本的に実用本位のデザインで、普通の手を持つ普通のユーザー向けの普通のスマートフォンという感じがする。使用するスマートフォンのモデルを自分のアイデンティティのよりどころとするような人向けではない。2:1の画面アスペクト比は、「Pixel 2」(と他のほとんどのAndroidスマートフォン)で採用されている16:9ディスプレイからの歓迎すべき変更であり、使用可能な画面スペースと、手やポケットにフィットする機能的な形状のバランスがよくとれている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3965文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]