PC 横河レンタ・リース

Simplit Edge:2年ごとに新しいマシンを利用できるPC運用サービス

PC運用サービス「Simplit Edge」は、2年ごとに常に新しいPCを利用可能。申し込みから法人カードによる決済までをウェブで完結できる。SurfaceとMacBookの2つのプランがある。

Simplit Edgeのポイント

  • 「Surface Pro」(256Gバイトモデル)と「MacBook Air」が利用可能
  • 「Office 365 Business」とセキュリティサービスをインストール
  • 問い合わせや故障時の修理対応を担うサポート窓口も用意

Simplit Edgeの製品解説

 横河レンタ・リースの「Simplit Edge」は、中小企業やスタートアップ企業を対象にしたPC運用サービス(PC-LCM)。SurfaceとMacBookの2つのプランがある。

編集部おすすめの関連記事

 申し込みから法人カードによる決済までをウェブで完結することで、調達工数を削減し、状況にあわせて柔軟に調達できる。2年ごとに常に新しいPCを使えるため、ストレスレスな働きやすいIT環境を実現できるとしている。引き取られたPCのデータは同社工場でソフトウェアで上書き消去される。

 問い合わせや故障時の修理対応を担うサポート窓口も利用できる。OSやアプリケーションの初期セットアップ、故障時の代替マシンの提供、OSやOfficeの設定や操作に関する問い合わせ、プリインストールアプリケーションの問い合わせなどに対応する。

 Surfaceプランでは「Surface Pro」(256Gバイトモデル)、MacBookプランでは「MacBook Air」が用意されている。

 両プランはともに「Office 365 Business」をインストール、セットアップして提供する。セキュリティ対策として「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス」もインストールされる。

 Surfaceプランでは、データレスPC「Flex Work Place Passage Drive」を活用すれば、データ移行にかかる工数や手間も削減できる。ドライブ暗号化ではSurfaceプランで「BitLocker」、MacBookプランで「FileVault」が組み込まれている。

Simplit Edgeのまとめ
用途と機能PC運用サービス
特徴引き取られたPCのデータは同社工場でソフトウェアで上書き消去。問い合わせや故障時の修理対応を担うサポート窓口も用意。Surface Pro(256Gバイトモデル)とMacBook Airを利用可能
税別料金Surfaceプラン:1台あたり月額8000円、MacBookプラン:1台あたり月額6000円

「PC」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]