RPA

特集「『RPA』の誤解を解く」(まとめ)

「働き方改革の切り札」としてRPAが注目されている。RPAに関連した情報はさまざまだが、一部では誤解として理解されている情報もある。RPAテクノロジーズ代表取締役社長の大角暢之氏の解説をまとめた。

 働き方改革にあわせて注目を浴びる「ロボティクスプロセスオートメション(RPA)」。効果を得ている声もあるが、果たして実態はどうなのだろうか。TechRepublic Japan編集部では、9月から10月に5回に渡り「『RPA』の誤解を解く」を掲載。RPAテクノロジーズの代表取締役社長、日本RPA協会の代表理事を務め、RPAという言葉が生まれる10年前から事業に携わる大角暢之氏がRPAの本質を解説した。

 ここでは、RPAの本質から選び方までが一通りわかるよう、全5回をまとめた。RPAを検討する際の参考情報として役に立つはずだ。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]