コラボレーション クラウドサービス

「G Suite」で「Endpoint Verification」を導入--アクセス端末の情報を把握

グーグルの「Chrome」向け拡張機能「Endpoint Verification」は、ユーザーが組織のデータにアクセスするのに使用する端末について、IT管理者がより完全なリストを構築できるように支援する。ここでは、同機能を設定する手順を解説する。

 Googleの「Chrome」向け拡張機能「Endpoint Verification」は、ユーザーが組織のデータにアクセスするのに使用する端末について、IT管理者がより完全なリストを構築できるように支援する。「G Suite」アカウントに接続する「Android」および「iOS」モバイル端末について、端末の種類やOSといった基本情報を確認できる機能は、何年も前から管理者に提供されていた。2018年7月にEndpoint Verificationがリリースされたことで、管理者は「Windows」「macOS」「Chrome OS」を搭載するノートPCおよびデスクトップ端末についても同様の情報にアクセスできるようになった。

 管理者はG Suiteの管理コンソールから、Endpoint Verificationによって収集されたノートPCおよびデスクトップのデータにアクセスする。このデータには、サインインした各ユーザーの名前と電子メールアドレスのほか、各端末の種類やOS、OSのバージョンも含まれる。管理者は「Device ID」(端末ID)を選択して、シリアル番号、パスワードや暗号化のステータス、最初の同期日時と最終同期日時など、より詳細な端末情報を表示させることができる。

 Endpoint Verificationをセットアップするには、いくつかの手順が必要だ。「Endpoint Sync」(エンドポイントの同期)を有効化し、Endpoint Sync拡張機能と「ネイティブヘルパーアプリ」(Googleはこのように呼んでいる)をWindowsおよびmacOSシステムにインストールするのに必要な手順の一部を以下で紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3692文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]