デスクトップ仮想化 Sky

SKYDIV Desktop Client:分離環境でもネットを利用できるシンクライアント

シンクライアントシステム「SKYDIV Desktop Client」は、インターネット分離環境でもインターネットに安全に接続できることが狙い。VDIとSBCの方式に対応。Windows Server 2016のHyper-Vを活用する。

SKYDIV Desktop Clientのポイント

  • VDIとSBCに対応、アプリケーションやOSをカタログ単位で管理
  • メモリ使用率やネットワークの送受信量などの情報をグラフで確認
  • USBメモリやプリンタ、ファイル持ち出しなどを利用ポリシーとして設定

SKYDIV Desktop Clientの製品解説

 Skyの「SKYDIV Desktop Client」は、インターネット分離環境に対応するシンクライアントシステム。「Windows Server 2016」と搭載される「Hyper-V」を活用する。サーバにあるクライアントのOSやアプリケーションのイメージを管理者が集中管理でき、更新やパッチ適用、アプリケーションを容易に追加、削除できるという。

編集部おすすめの関連記事

 ユーザーが自分の端末からリモートでサーバにある個々の仮想クライアントを操作する「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)」と複数のユーザーがサーバにリモート接続してOSを共有して利用する「SBC(Server Based Computing)」方式に対応する。

 VDI方式は、サーバに作成された個々の仮想クライアントでアプリケーションを利用。物理端末とほぼ同じように自由度の高い実行環境でソフトウェアを使用できる。

 SBC(Remote Desktop Services:RDS)方式はサーバで動作するアプリケーションを各端末で共有。VDI方式に比べて使用できるソフトウェアが限られるが、サーバのCPUやメモリ、ストレージの利用効率が高いとされている。

 SKYDIV Desktop Clientはユーザーが使用するアプリケーションやOSが同じ構成の仮想クライアントあるいはリモート接続サーバを“カタログ”単位でまとめ、管理者が一元的に管理する。各カタログはそれぞれの部署やActive Directoryのユーザーに割り振ることができる。

 環境構築では、必要なサーバの追加や削除、サーバの性能の確認など必要な作業を画面で進められる。センターサーバから各サーバに定期的に通信。通信できない場合は管理者に通知される。各サーバのメモリ使用率やネットワークの送受信量など性能に関する情報をグラフで視覚的に確認できる。

 カタログごとの仮想クライアントの割当状況やログオン状況を画面で一覧して把握できる。カタログを作成するときには、仮想化の方式や「フルクローン(専用端末)/リンククローン(共有端末)」「公開デスクトップ/アプリケーション」などの設定をイラストなどで表示。複雑な設定なしで仮想クライアントを準備できるとしている。

 利用ポリシーも設定できる。USBメモリやプリンタの使用禁止、リモート接続なども設定可能。デバイスによるファイル持ち出しや、クリップボードへのコピーなどを禁止することも可能。設定状況は一覧で確認して、ポリシーが適用されているかどうかを把握できる。

 Windows Server 2016とSQL Serverが必要。Windows Server 2016は物理サーバの台数分のコア数のライセンスが必要。ユーザーCALやデバイスCALも必要になる。

 VDI方式ではVDAのユーザー数ライセンスやデバイス数ライセンスが必要になる。SBC方式では、RDS CALのユーザー数ライセンスやデバイス数ライセンスが別途いる。

/tr>
SKYDIV Desktop Clientのまとめ
用途と機能分離環境でもネットに接続できるためのシンクライアントシステム
特徴アプリケーションやOSが同じ構成の仮想クライアントあるいはリモート接続サーバを“カタログ”単位でまとめ、管理者が一元的に管理。カタログごとの仮想クライアントの割当状況やログオン状況を画面で一覧して把握。設定状況は一覧で確認して、ポリシーが適用されているかどうかを把握

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  2. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  3. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  4. 3つのケースで紹介-“ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的を高めるには
  5. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]