プロジェクト管理 クラウドサービス コミュニケーション

「Dropbox Paper」の新機能「タイムライン」--プロジェクトの調整を視覚的に

Dropboxは米国時間10月25日、プロジェクトプランニングと共同作業の改善を目的とした新機能を企業向けアプリ「Dropbox Paper」に追加することを発表した。

 Dropboxは米国時間10月25日、プロジェクトプランニングと共同作業の改善を目的とした新機能を企業向けアプリ「Dropbox Paper」に追加することを発表した。ブログ投稿によれば、タイムラインと呼ばれるこの機能は、プロジェクトのタイムラインと割り当てを視覚的にわかりやすく表現できる機能をチームメンバーに提供するという。

 チームが全体的な目標や個々のタスク、プロジェクトの状況を明確に把握している状態を維持するという点に関して、プロジェクトの調整作業は困難になる場合もある、と同社はブログ投稿で指摘した。タイムラインの狙いは、ユーザーがプロジェクトの各手順をマッピングして、全ての関係者の認識を一致させるのを支援することで、このプロセスを改善することだ。

 ブログ投稿によると、ユーザーはDropbox Paperでプロジェクトや割り当てをタイムラインにドラッグ&ドロップすることでタイムラインアイテムを作成し、その色をカスタマイズして、より効果的に整理することができるという。このタイムライン機能を使用して、チームメンバーにタスクを割り当てたり、期限を追加したりすることもできる。誰が何を担当しているのか、そして、期限はいつなのかを関係者に周知させることも可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約627文字 ログインして続きを読んでください。

「プロジェクト管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]