クラウドサービス

脱クラウドで考慮すべきこと--システムをオンプレミスに回帰させるには

企業が脱クラウドをなんらかの理由で決定する場合、どのような点に注意すべきだろうか。専門家に話しを聞いた。

 皆さんの会社がクラウドコンピューティングをやめて自社のデータセンターにすべてを戻すと決定したとしよう。専門家らは、やるのはいいが慎重に進めるべきだと言うだろう。

 クラウドコンピューティングからインソーシングへという流れが確実にあるわけではないが、次のような妥当な理由で方向転換することは考えられる。

  • ビジネス上のニーズが減少した
  • サービスプロバイダーが約束したほどコスト削減になっていない
  • ダウンタイムが多すぎる
  • 自社のアプリケーションで使うにはレイテンシが大きすぎる
  • 予算が運用重視から資本重視に変わった
  • セキュリティ上の懸念
  • 吸収/合併に際して、規模の大きい側が異なる計画を持っている
  • インハウスの専門家を新たに雇用した
  • 単純にコントロールの問題

 そうなると、大事なのはクラウドを離れる理由ではなく、やり方の問題だ。

 メリーランドを拠点とするITコンサルティング企業David-Kenneth GroupのシニアバイスプレジデントKris Mathisen氏は、やるべきこととやるべきでないことがたくさんあると述べている。クラウドのプロバイダーにしろ自社オペレーションにしろ、組織としての成熟度、スキルセット、インフラについて、企業は自社を客観視できない傾向があるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2011文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]