ワークフロー Donuts

ジョブカンワークフロー:クリックで作成、承認経路を分岐できるワークフロー

ワークフローサービス「ジョブカンワークフロー」は、社内の申請書をクラウドで管理できる。会社独自のフォームを作成でき、あらゆる申請書に対応。申請がどんな状態にあるのか一覧画面から確認できる。

ジョブカンワークフローのポイント

  • 50以上のテンプレートを修正するだけで申請書を作成
  • 承認経路もクリックで作成、金額や入力項目で承認経路を分岐
  • 文字や日付、数字など申請書の項目に入力種別を設定可能

ジョブカンワークフローの製品解説

 Donutsの「ジョブカンワークフロー」は、社内のあらゆる申請書をクラウドで管理できるワークフローサービス。スマートフォンにも対応し、時間や場所を選ばず申請、承認できる。スマートフォンに特化したユーザーインターフェース(UI)も用意されており、画面サイズの違いを気にすることなく利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 会社独自のフォームを作成でき、あらゆる申請書に対応。50以上のテンプレートがあり、少し修正するだけでフォームを作成できる。

 ユーザー企業の実際にあった承認経路をマウスのクリックだけで作成できる。全員の承認が必要な経路、上長の承認など数多くのパターンに対応可能。経路の数に上限はない。

 申請時の金額や入力項目で承認経路を分岐させられる。10万円以下だったら部長決裁、10万円以上だったら社長決裁など条件に応じて細かく設定できる。分岐設定もクリックで設定できる。

 申請がどんな状態にあるのか一覧画面から確認できる。検索機能で過去の申請も探し出せるようになっている。今誰が承認中なのか一目で把握できるため、承認状況も確認可能。承認に関するやり取りは記録されている。申請に対してコメントでき、申請者への細かい確認も可能。

 申請書の入力内容も自動で制御する。文字や日付、数字、ラジオボタンなど申請書の項目に入力種別を設定可能。必須設定や入力制御機能があることで申請のミスや漏れを削減できるようになる。

 申請や承認がされると関係者にメールが自動で送信され、すぐに行動を取れる。SlackやChatworkといったチャットやスマートフォンにも通知可能。期限が迫っている承認や放置されている申請があれば、アラートを出すこともできる。

ジョブカンワークフローのまとめ
用途と機能ワークフローサービス
特徴スマートフォンに特化したUIも用意。今誰が承認中なのか一目で把握できるため、承認状況も確認可能。承認に関するやり取りは記録。申請や承認がされると関係者にメールが自動で送信
税別料金初期費用・サポート費用:無料、1ユーザーあたり月額300円
導入企業タマホーム、ラクスル、テモナなど

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]