開発ツール

急成長中のプログラミング言語「Julia」--MIT教授に聞く人気の理由と今後の展開

「Julia」は、米マサチューセッツ工科大学(MIT)がさまざまな言語の長所を取り入れて設計したプログラミング言語だ。Juliaを共同で開発したMITの教授が、開発の経緯や今後の目標について語った。

 2000年代から2010年代の変わり目に、米マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授であるAlan Edelman氏と同僚たちは、長年プログラミング言語の発展を遅らせてきた問題の解決に乗り出した。

 この「2つの言語」問題は、開発者が言語を選択する際に迫られるトレードオフで、人間が比較的簡単に記述できる言語か、コンピュータが比較的簡単に実行できる言語のどちらか1つしか選べないという問題だ。

 「どちらか一方は得られても何らかの理由で両方は不可能というのが、ある種の物理法則や自然法則であるかのように考えられていた」。こう述べるEdelman氏は、MITのJulia Labの責任者で、プログラミング言語「Julia」を管理する企業Julia Computingの共同創設者でもある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3987文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]