購買・調達 データ・アプリケーション

第1回:なぜ電話交換機はなくなるのか--EDI2024年問題の原因を紐解く

日本の産業で長く使われてきた、固定電話網をベースにした電子データ交換(EDI)。固定電話網のIP化に伴い、従来型EDIが大きな影響を受けることが問題になっている。EDIに長く携わってきた藤野裕司氏が解説する。

 最近、IT業界で話題に上るようになってきた「固定電話のIP(Internet Protocol)網への移行」。その本質はどこにあり、未来はどこにあるのでしょうか。

 家庭やオフィス、公衆電話などの電話機は、加入電話とISDNのどちらかで電話網に接続しています。外部にある電話局の交換機を経由し、直接通話相手とつながっていますが、交換機を経由しないIP網の活用に切り替わる予定です。

 IP網は、インターネットの技術を利用し交換機を経由せずIPパケットで接続するネットワークです。すでに「光IP電話」などでの利用も始まっており、あまり世間では話題にはなっていません。理由として多くの人々が利用している音声通話ではほとんど問題がないことがあるでしょう。

 ところが、受発注など取引の電子化が進む産業界では、これが大きな問題になります。

 コンピュータで業務を処理する多くの企業は、固定電話を使って取引を電子化する“電子データ交換(Electronic Data Interchange:EDI)”を利用しており、日本の産業を支えていると言えます。この固定電話を使うEDI(従来型EDI)のシステムを、IP網にあわせたEDI(インターネットEDI)に作り替える必要がでているのです。

 数十万社が使っているという従来型EDI。このシステムの移行には大変な労力と時間とコストがかかります。しかし、それを無事に乗り切った後には、新しいEDIが日本の産業を未来型取引へと導いてくれます。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2555文字 ログインして続きを読んでください。

「購買・調達」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]