コミュニケーション ネクスウェイ

SMSLINK:キャリアを問わず最適化されたSMSの一斉配信が可能

SMS配信サービス「SMSLINK」は、全キャリアで受信可能な全角最大660文字までが送信可能。一斉送信では、名前や会員番号、予約時間など同一メッセージでも宛先ごとに違う情報を差し込むこともできる。

SMSLINKのポイント

  • キャリアの違いを意識することなくSMSを配信可能
  • 短縮URLの自動生成や配信停止URLの自動生成も可能
  • 同一メッセージの一斉配信でも宛先ごとに違う情報を差込可能

SMSLINKの製品解説

 ネクスウェイの「SMSLINK」は、ショートメッセージサービス(SMS)配信サービス。1つのメッセージで各キャリア用に展開できる。

編集部おすすめの関連記事

 各キャリアの最大文字数や読みやすいショートメッセージを検証し、全キャリアで受信可能な全角最大660文字までを送信可能にしている。メッセージ内に入力されるURLは自動で短縮化される。クリック数も取得できる。

 1つの宛先ごとにメッセージ送信可能。同一のメッセージを複数の宛先に一斉に送信することもできる。一斉送信では、名前や会員番号、予約時間など同一メッセージでも宛先ごとに違う情報を差し込むことも可能。

 販促利用だけでなく、通知系の連絡でも配信を希望しないユーザーへのSMS送信は、例えば特定電子メール法などから法律違反になる可能性がある。対応として、配信停止URLを自動生成してメッセージ内に掲載することも可能。

 サービスはWebタイプとAPIタイプがある。Webタイプは、SMSLINKのウェブサイトにアクセスして利用する。APIタイプは、ユーザー企業のシステムとSMSLINKをRESTやJSONで連携させる。顧客管理システムや予約管理システムのデータをもとにSMSを予約して配信できるようになる。

 Webタイプは、ログインIDを発行後すぐに利用できる。APIタイプは、接続用のトークンキーとAPI専用管理画面のログインIDを発行、API接続を確認してから利用できるようになる。

SMSLINKのまとめ
用途と機能SMS配信サービス
特徴全キャリアで受信可能な全角最大660文字までを送信。配信停止URLを自動生成してメッセージ内に掲載することも可能。顧客管理システムや予約管理システムのデータをもとにSMSを予約して配信
税別料金従量料金:1通あたり8円~

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]