人事・労務

Skill Analyst:ビジネススキルをPCで診断--“実務に必要な能力”重視

スキルチェックシステム「Skill Analyst」はビジネススキルをPC上で診断できる。Officeやタイピング、社会人マナーに対応しており、オリジナル問題を作成、自動採点できる。

Skill Analystのポイント

  • WordやExcel、PowerPoint、Accessに標準対応
  • Excelは職種や求められる能力に合わせてきめ細かく診断
  • 経産省提唱の社会人基礎力による適性・適職診断にも対応

Skill Analystの製品解説

 イー・クリエーションの「Skill Analyst」は、多様なビジネススキルをPC上で診断できるスキルチェックシステム。オリジナル問題を作成、自動採点できる。

編集部おすすめの関連記事

 「Microsoft Office」の操作スキルやタイピングスキルに加えて、ビジネスマナーや一般常識、適性・適職診断、オリジナル問題作成機能を搭載。操作能力だけでなく、“実務に必要な能力”を重視したスキルどうかをチェックできる。

 診断には、著名なPC検定に採用されている診断アルゴリズムを採用。経済産業省が提唱している「社会人基礎力」による適性や適職も診断できる。

 PCスキルについては、WordやExcel、PowerPoint、Accessに標準対応。職場での業務を想定し、細かい指示がなくても自分で考えて作業しなければならない形式の出題が含まれている。

 Excelは初級~上級レベルまで、職種や求められる能力に合わせてきめ細かく診断することが可能だ。タイピングスキルに関しては、日本語や英語、数値のそれぞれで入力の速さと正確性を診断できる。

 試験結果は、瞬時にPC画面や印刷で確認することが可能。内容はサマリー、詳細、履歴で確認できるほか、診断結果をExcelやHTML形式のファイルに出力可能なため、「Skill Analyst」をインストールしていないPCでも各自のスキルを管理できる。

 標準機能の試験結果表示とは別に、約1万人の試験結果と比較したランクや偏差値が確認できるオプションも用意されている。

Skill Analystのまとめ
用途と機能“実務に必要な能力”を重視したスキルチェック
特徴ビジネスマナーや一般常識、適性・適職診断、オリジナル問題作成機能も搭載。PCスキルには細かい指示がなくても自分で考えて作業しなければならない形式の出題が含まれている
税別料金買取型(1ライセンス):17万8000円
年更新型(1ライセンス):初年度8万円、2年目以降7万2000円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]