ストレージ

NASデバイスの選定--考慮すべき重要な点

プロシューマーや中小企業は、専用のネットワーク接続ストレージ(NAS)デバイスを使えば、クラウドストレージサービスの使いやすさを享受しながら、オンプレミスソリューションの利便性とスピードを実現できる。ここでは、NASデバイス選定時における考慮すべき点を解説する。

 プロシューマー(専門知識や開発技術を持った消費者)や中小企業は、専用のネットワーク接続ストレージ(NAS)デバイスを使えば、クラウドストレージサービスの使いやすさを享受しながら、オンプレミスソリューションの利便性とスピードを実現できる。ただし、NASデバイスを選ぶには、それなりの調査が必要だ。あらゆる用途に対応した製品はないうえに、ほとんどのベンダーは機能が重複することも多い複数のモデルを用意しているからだ。同じように、NASデバイスを動かすソフトウェアも(少なくとも一部が)独自の仕様になっていることが多く、モデルによっては一部の機能が使用できないことがある。

 だがベンダー側は、デバイスの使われ方を念頭に置いてさまざまな要素を検討する必要がある。QNAPの製品は、ディスクオンモジュールにNAS OSを搭載して実行することで、ディスクが使われていないときにドライブの回転を抑えられるようにしている。対照的に、Synologyの製品はOSをストレージドライブに搭載しているため、データの転送と直接関係がないOS動作(ログの記録など)のためにディスクを回転させる必要がある。QNAPとSynologyのデバイスはマルチプラットフォームに対応しており、ほとんどの管理作業をウェブインターフェースで実行できるが、「Windows」「macOS」「Linux」用のツールも用意されている。一方、Droboの製品はLinuxを実行するコンピュータでは使用できない。管理ソフトウェアがWindowsかmacOSでしか動作しないためだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約979文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]