メール クラウドサービス セキュリティ

「G Suite」の安全性設定--「Gmail」をフィッシング/マルウェアからより高度に保護

「G Suite」で「Gmail」向けオプションとして追加された安全性設定。同設定がどのような機能を提供するかを解説する。

 Googleは2018年3月、「G Suite」の「Gmail」向けにオプションで利用可能な安全性設定を追加した。安全性設定では、認証されていないメッセージや偽装されたメッセージ、さらに、問題を引き起こすかもしれない添付ファイル、リンク、外部画像をシステムが処理する方法を制御できる。Googleはこれまでもメッセージ内のマルウェアからユーザーを守ってきたが、これらの設定は追加の保護機能を提供する。

 いくつかの安全性設定は、「メールを受信トレイに残し、警告を表示」または「メールを迷惑メールに移動」のいずれかを選択できる機能をG Suite管理者に提供する。システムのデフォルト設定は1つめのオプションだ。このオプションでは、受信者は問題を引き起こすかもしれない電子メールについて警告を受けるが、それでも有害なおそれのある電子メールを受信し閲覧することになる。2つめのオプション(迷惑メールに移動)では、対象の電子メールはユーザーに提示されない。管理者は、これらの設定を調整していることをユーザーに知らせて、警告が表示される電子メールを多く受信していることに気づいたら報告するよう受信者に頼むといいだろう。そうした報告を受けたら、管理者は設定を「メールを迷惑メールに移動」に変更するといい。

 設定を調整するには、admin.google.comでG Suiteの「Admin」コンソールにサインインした後、「Apps」(アプリ)>「G Suite」>「Gmail」>「Safety」(安全性)の順にクリックする。本記事では、オプションで利用可能なそれぞれの安全性設定と検討すべきいくつかの機能を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2922文字 ログインして続きを読んでください。

「メール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]