標的型攻撃対策 IDC Japan

国内標的型サイバー攻撃対策市場、2022年まで拡大--“脅威インテリジェンス”がカギ

国内標的型サイバー攻撃対策市場は2022年まで拡大傾向。迅速な検知、対処によって感染被害を最小限に抑える“サイバーレジリエンス”向上のため、AIで情報を分析しセキュリティ脅威を特定する“脅威インテリジェンス”が重要になるという。

 IDC Japan(IDC)は10月23日、国内における2018~2022年の国内標的型サイバー攻撃対策ソリューション市場予測を発表した。IDCで特化型脅威対策製品、セキュリティ情報/イベント管理製品、脅威インテリジェンスセキュリティサービスの3つに分類する市場の年間平均成長率(Compound Annual Growth Rate:CAGR)は、いずれも拡大傾向にあるという。

 サンドボックスやコードのエミュレーション、ビッグデータ/アナリティクス、コンテナ化など、非シグネチャベースの技術による脅威対策製品は、エンドポイント向け、ゲートウェイ向け共に特化型脅威対策製品として分類している。2017年の市場規模は前年比29.9%増の189億円と予測。2017~2022年のCAGRは18.2%で、2022年には約2.3倍の436億円に拡大するとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1552文字 ログインして続きを読んでください。

「標的型攻撃対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]