AI・機械学習

IBM「AI OpenScale」--AWSやAzureに対応のAI向けオープンプラットフォーム

IBMは米国時間10月15日、2つの新製品を発表し、企業がクラウド環境でデータや人工知能(AI)の持つ潜在的可能性を最大限活用できるようにした。

 IBMは米国時間10月15日、2つの新製品をオーランドで開催のGartner Symposiumで発表した。企業がクラウド環境でデータや人工知能(AI)の持つ潜在的可能性を最大限活用できるようにする。

 プレスリリースによると、「IBM AI OpenScale」は、あらゆるAIシステムの構築や運用に使える業界初のオープンプラットフォーム。AI OpenScaleでは、どこでどのように構築されたAIシステムか、あるいはどこで運用されているAIシステムか、といったことは問わないという。また、サポートする機械学習モデルや深層学習モデルには、「Tensorflow」や「Scikitlearn」「Keras」「SparkML」などのオープンソースモデルを使って開発、訓練されたものだけでなく、「Watson」や「Seldon」「AWS SageMaker」「Microsoft AzureML」などの統合開発環境で訓練およびホストされているアプリケーションやモデルも含まれると、同リリースには記されている。

 新興テクノロジーであるAIはまだ十分な信頼が得られていないことから、世界中の企業で多くのAIモデルが棚上げにされてきた。それというのも、企業がAIによって導かれる論理や結論についていくことができず、また、そういった意味を理解しないままAIを使ってビジネス上の重要な意思決定を下したくないと考えているからだと、同リリースには記されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1707文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]