開発ツール

「PowerShell」コマンドレット--コマンドプロンプトと同じ役割を持つさらなる基本10選

本記事では、「PowerShell」(PS)に移行するのを助けるため、日常的な管理タスクで使われることの多い10のコマンドプロンプトとそれに相当するPSコマンドレットをさらに紹介する。

 「Windows」のコマンドライン(「Windows Vista」以前のWindowsバージョンではDOS)は経験豊富なITプロフェッショナルにとって、今でも非常に強力なツールだ。コマンドラインを利用すれば、スクリプトによる展開を実行したり、システムの設定に変更を施したり、事実上、システム(またはシステムのグループ)を最小限の労力で自分の望み通りに挙動させたりすることができる。

 それは、より一生懸命にではなく、より賢く働くことの典型的な例だ。コマンドプロンプト(CMD)はWindowsクライアントおよびサーバの最新バージョンでも依然として利用可能だが、Microsoftの「PowerShell」(PS)管理フレームワークによって主役の座を奪われている。基本的な前提は今も変わっていないが、PSはスクリプトによる変更を異なる方法で実装し、システムが実行できる全てのことを強力に支配する。

 以前に公開した記事で、われわれはCMDからPowerShellへの移行を支援するため、10個のコマンドレットを紹介した。今回紹介するのは、PSでデバイスを管理し、既存のスクリプトを現代的なフレームワークに移行する方法を学ぶのに役立つコマンドレット群の第2弾だ。PowerShellはオープンソース化されており、Linuxや「macOS」でも利用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1305文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]