オフィスソフト

「Excel」で重複した値の入力を防ぐ--入力規則を利用してチェック

「Excel」には、重複を検知し、さらには削除もできるツールが組み込まれているが、それは実際に重複が起こった既存データにしか使えない。ここでは、Excelにある入力規則を利用して、入力時に値をチェックし、受け付けるか拒否するかを判断する方法を解説する。

 「Microsoft Excel」には、重複を検知し、さらには削除もできるツールが組み込まれているが、それは実際に重複が起こった既存データにしか使えない。最初から絶対に重複が起こらないようにしたいなら、Excelにある入力規則の利用を考えるかもしれない。この機能は入力時に値をチェックし、指定したルールに応じてその値を受け付けるか拒否するかを判断する。残念ながら、重複した値を認識する組み込みの入力規則はないので、ExcelのCOUNTIF()関数を組み合わせる必要がある。

 今回は、構造化参照と名前付き範囲を使ってテーブルオブジェクト内でこれを実行する方法を紹介しよう。

 筆者は64ビット版の「Windows 10」で「Excel 2016」のデスクトップ版(Office 365)を使っているが、これから紹介する方法はどちらも、古いバージョンのExcelやブラウザ版Excelでも使える。データは各自用意してもいいし、デモ用の.xlsxファイルや.xlsファイルをダウンロードしてもいい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1074文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「HCIってなに?」─いまさら聞けない特徴・よくある質問・効果的な活用法etc…全部答えます!
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]