テキストマイニング SCSK

VOiC Finder:話し言葉に対応のテキストマイニング--「ありがとう」も測定

テキストマイニングツール「VOiC Finder」は、表現ゆれが発生する日本語文章を精度高く分析できるという。会話中にどのような話題があったのか、顧客の質問や不満などをリアルタイムに出力できる。

VOiC Finderのポイント

  • リアルタイム出力が可能なようにアルゴリズムを開発
  • コンタクトセンターでの「ありがとう率」を自動で測定
  • トピックを抽出してExcelなどでのテキストマイニングにも対応

VOiC Finderの製品解説

 SCSKの「VOiC Finder」はテキストマイニングツール。“話し言葉”など表現ゆれが発生する日本語文章を精度高く、かつ超高速な分析が可能という。

編集部おすすめの関連記事

 話し言葉のテキストでは、文脈を解析し、“顧客の声”を必要とする部署へ即座に届けることができる。ソーシャルメディアに掲載される文章、コールセンターでオペレーターが残すメモなどは、話し言葉に近いため、こちらでも従来以上の分析精度の向上が期待できるとしている。

 コンタクトセンターでの導入のしやすさにも配慮し、応対品質指標として注目されている「ありがとう率」を自動で測定する。その抽出に必要な辞書設定をプリセットしたことで、通常は数カ月かかる抽出辞書の設定作業を短縮でき、導入から短期間で活用可能。会話中にどのような話題があったのか、顧客の質問や不満などをリアルタイムに出力できる。

 メールや日報、アンケート、報告書などの“書き言葉”のテキストも分析可能。書き言葉からも、その要点などを抽出し、以降のマイニングなどをスムーズに展開できる。トピック抽出はCSVファイルに出力できるため、Excelなどでテキストマイニングできる。

 新しく作成したアルゴリズムは一般的なPCサーバでリアルタイムな出力が可能になることも意識して開発。リアルタイム分析のために、高スペックなサーバなどを用意する必要がないとしている。

VOiC Finderのまとめ
用途と機能テキストマイニングツール
特徴文脈を解析し、“顧客の声”を必要とする部署へ即座に届けられる。会話中にどのような話題があったのか、顧客の質問や不満などをリアルタイムに出力。メールや日報、アンケート、報告書などの“書き言葉”のテキストも分析
導入企業日産自動車など

「テキストマイニング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]