テキストマイニング SCSK

VOiC Finder:話し言葉に対応のテキストマイニング--「ありがとう」も測定

テキストマイニングツール「VOiC Finder」は、表現ゆれが発生する日本語文章を精度高く分析できるという。会話中にどのような話題があったのか、顧客の質問や不満などをリアルタイムに出力できる。

VOiC Finderのポイント

  • リアルタイム出力が可能なようにアルゴリズムを開発
  • コンタクトセンターでの「ありがとう率」を自動で測定
  • トピックを抽出してExcelなどでのテキストマイニングにも対応

VOiC Finderの製品解説

 SCSKの「VOiC Finder」はテキストマイニングツール。“話し言葉”など表現ゆれが発生する日本語文章を精度高く、かつ超高速な分析が可能という。

編集部おすすめの関連記事

 話し言葉のテキストでは、文脈を解析し、“顧客の声”を必要とする部署へ即座に届けることができる。ソーシャルメディアに掲載される文章、コールセンターでオペレーターが残すメモなどは、話し言葉に近いため、こちらでも従来以上の分析精度の向上が期待できるとしている。

 コンタクトセンターでの導入のしやすさにも配慮し、応対品質指標として注目されている「ありがとう率」を自動で測定する。その抽出に必要な辞書設定をプリセットしたことで、通常は数カ月かかる抽出辞書の設定作業を短縮でき、導入から短期間で活用可能。会話中にどのような話題があったのか、顧客の質問や不満などをリアルタイムに出力できる。

 メールや日報、アンケート、報告書などの“書き言葉”のテキストも分析可能。書き言葉からも、その要点などを抽出し、以降のマイニングなどをスムーズに展開できる。トピック抽出はCSVファイルに出力できるため、Excelなどでテキストマイニングできる。

 新しく作成したアルゴリズムは一般的なPCサーバでリアルタイムな出力が可能になることも意識して開発。リアルタイム分析のために、高スペックなサーバなどを用意する必要がないとしている。

VOiC Finderのまとめ
用途と機能テキストマイニングツール
特徴文脈を解析し、“顧客の声”を必要とする部署へ即座に届けられる。会話中にどのような話題があったのか、顧客の質問や不満などをリアルタイムに出力。メールや日報、アンケート、報告書などの“書き言葉”のテキストも分析
導入企業日産自動車など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「HCIってなに?」─いまさら聞けない特徴・よくある質問・効果的な活用法etc…全部答えます!
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]