グループウェア ノンプログラミング開発ツール 日本アイ・ビー・エム

日本IBM、「Notes/Domino」最新版--JavaScript対応、Slackと連携可能

日本IBMはグループウェア「Notes/Domino」の最新版の提供を開始。JavaScriptとNode.jsへ開発環境を拡張させるとともに、DominoアプリケーションはIBM Cloudに移行可能。NotesアプリケーションはiPadで動作する。

 日本IBMは10月10日、クライアント/サーバ(C/S)型グループウェアの最新版「IBM Notes/Domino V10」の提供を開始した。「Faster. Modern. Lower TCO.」の3つをコンセプトに機能を強化。日本IBMのコラボレーション&タレントソリューション事業部で事業部長を務める中島治氏は、発表に合わせて開催した「IBM Notes/Domino Day 2018 Autumn Tokyo」で、「アプリケーション開発という領域において、これまでの流れを変える機能を満載に取りそろえた」と語る。

 V10には3つの目玉機能があるという。一つ目は開発環境の拡張だ。「IBM Domino App Dev Pack」によって、JavaScriptとNode.jsへ開発環境を拡張。オープンソースのライブラリが活用可能になり、モバイルやウェブアプリ開発者がV10に参加しやすい流れを整えたという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1730文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]