AI・機械学習

地図を使わないナビゲーションを機械学習で可能に--グーグルの「StreetLearn」

「StreetLearn」は、機械学習モデルを訓練することで、地図を使わず市街地を移動するのに役立つデータセットだ。

 Googleが「StreetLearn」というデータセットのリリース向けて準備を進めている。このデータセットは、機械学習モデルを訓練することで、地図を使わず市街地を移動するのに役立つ。

 StreetLearn環境は、「Google Street View」の画像に依存しており、GoogleのDeepMindはこれまで、米国西海岸のさまざまな都市をナビゲートできるよう、ソフトウェアエージェントを訓練するために同環境を使用してきた。ナビゲートの際は、地図やGPS座標を参照することなく、実際に通りを歩きながら目にする建物など、視覚的な情報だけを手がかりにする。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2370文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. レガシーアプリが貴社のイノベーションの妨げになっていませんか?抜本的なIT投資の見直し
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]